美容師免許を持った
プロだからこそ
その人に合う美しさを
提案できるんです

美容家・タレント IKKO様

これからの時代、
“美容のプロ”が必要になる

現在、美容家・タレントとして大活躍中のIKKOさん。美容のプロとしてのスタートは、実は美容師。ほんの小さな気遣いから審美眼まで、人を美しくすることにまつわるすべてのことを積み重ねてきました。美容師になるまでやその後を振り返りながら、美容のプロに求められること、美容のプロだからできること、これからの美容業界などを語ってくださいました。

Chapter 1人を美しくする
という仕事

美容師免許から始まった
美のプロへの道

美容師としての経験は、今の人生にどんな影響をもたらしていますか?

美容師の仕事は専門職で、極めていけばもはや美を生む職人。美容師時代に得た技術や知識は、ヘアメイクや美容家と職業を変えても永久不滅です。たとえば、眉の毛流れを意識して整えることができるのは、美容師時代に髪の根もとを矯正するブローを散々やってきたからです。また、その人のキャラクターに合わせてオーダーメイドで髪型を作る仕事は、一人一人に合った美を提案する、今の意識と変わりありません。

美容業界において美容師免許は強みになるでしょうか?

10年ほど前の美容ブームから一般女性の美容意識がグッと高まり、より美しくなるための情報が多く飛び交うようになり、なかには間違った情報も混在しています。その一方で、しっかりと美容を勉強し、技術もある美容師免許を持つ美のプロが、薬剤アレルギーや腰痛、結婚・出産・育児などやむをえない事情で美容業界から離れてしまうことも多く、もったいないと思っています。数年前からアートメイクの施術に医師免許が必要となりましたし、まつ毛エクステンションや眉デザインの施術などはハサミを使うため美容師免許が必要です。きっとこれからは、人を美しくする仕事に携わるうえで、美容師免許は非常に価値のあるものとして考えられるでしょう。

Chapter 2いかなるときも
美しく
あるために

細部まで極めてこそ
美印象へと導く

美しい女性の共通点は何でしょう?

遠くから見ても目を惹く人、気を抜いているときも目を惹く人こそ、本当に美しい人ではないでしょうか。美しさは外見だけではなくメンタル的な部分も含めて醸し出されるもの。0.3秒で美しいと決定づける強い印象、遠くから見ても感じる全体的な印象、近づいて細かいところを見てもアラのない印象……この3つは時代や年齢関係なく「真の美」を決定づけるものだと昔から言われていますが、私もその通りだと思います。
なので、こういう人は、みな、話し方から姿勢、指先の動きや視線の動かし方など細かいところまで意識が行き届き、品や格が備わっていますが、それらは日々培われていく賜物です。すぐに手に入るものではありません。
ただ、第一印象で人格を決めると同時に、内面に秘めているものを伝える重要パーツがあります。そこにほんの少し手をかけることで、すぐに美しさを底上げすることができるのです。美しい人はその重要パーツがいつも美しいように思います。

美しさを底上げする重要パーツとは具体的にどこでしょう?

人格像を決める「眉」と、表情や女性らしさを表現する「目」です。形や太さ、色などで人格を表現できる眉は、第一印象を決めると言っても過言ではありません。目の形を変えることもできるまつ毛は、女性らしさの方向性を決めるものだとも思っています。どちらも、表情筋の動きや骨格など顔のクセを知り尽くした方であれば美人度をより上げることができますが、一般の女性がそれを見極めて自分自身に似合う形に仕上げることはかなり難しいように思います。さらに、これらをいつも同じように美しく仕上げることは忙しい毎日の中では至難の業。こういう重要なパーツこそ、いつなんどきも美しい印象でいるために、アイブロウサロンやアイラッシュサロンなど、美のプロの手を借りるべきだと思っています。

Chapter 3これからの美容
業界を支える人

個々の悩みに寄り添って
安心感を与えることができる
美容のプロ

これからの美容業界はどうなっていくと思いますか?

老若男女問わず、美容への関心が高い人がどんどん増えていくと思います。特に「もっと美しくなりたい!」「もっと若々しくいたい!!」という美容意識の高い元気なシニア層も増えると思います。誰しも年齢を重ねると、いままで感じなかった美容の悩みが変わったり、トラブルが増えたりするもの。その不安を解消してくれる場所や人が求められる時代がもうそこまで来ています。美容ブームで高まった一般の方の美意識をも満足させる情報と安心を与えられる人こそ、美容をしっかりと勉強してキャリアを積んだ美のプロではないでしょうか?

今後、美容業界で活躍できる人はどんな人でしょう?

どんな仕事もそうですが、好きなことをやっている人に、敵いません。人を美しくしたいと思って美容師免許を取得したのに、何らかの理由で美容師という仕事を諦めてしまった人、美に対して細部まで極めたい職人気質の人…このような人こそ美のプロとして活躍できる時代が目の前にあります。眉やまつ毛といったパーツ美容の分野はこれからますます需要が高まってくるため、ハサミや薬剤などの使用を許可された美容師免許を持つ美のプロの知識や技術は重宝されるでしょう。特に、細かい作業が好きな人、キメ細やかな心遣いができる人、相手の顔をしっかりと観察して最も美しい状態に導こうと思える愛のある人は、そういう仕事に向いているし、成功するチャンスは十分にあると思います。

髪型は全体の印象を引き上げるフレームのようなものですが、パーツは顔の美しさを決定づける核のようなもの。美容師免許を持っている人は、髪だけでなく眉やまつ毛などのパーツを整えるのにハサミや薬剤などを使うことができるので、美容に関する仕事の幅が広がるんですよね。
その人の個性を左右する重要な眉や目、まつ毛で美をプロデュ―スできるって素敵な仕事ことだと思います。

美容の知識や美容師免許を生かしたい!
そんな人にこそ活躍してほしい
“パーツ美容”の世界

愛をこめて IKKO
IKKO IKKO

美容家・タレント

福岡の美容専門学校を卒業後、横浜の高級美容室「サワイイ」にて住み込みで修業。美容師として活躍後、ヘアメイクとして独立。多くの女優から指名される「女優メイク」や美しすぎるヘアアレンジなどがメディアで話題に。現在は幅広い美容法の伝授や化粧品開発などを手掛ける美容家として活躍中。

TOP