細部まで緻密さを追求するほど
大きなパワーを生む眉。
そこがたまらなく面白い

アイブロウ プロフェッショナル歴 2年目
雨谷さん

細かい作業が好き。
「眉」を
ひたすら極めてみたかった

子供の頃から工作が得意で、家具を組み立てたりカーテンなどを縫ったり、手づくりするのが好き。始めるとついのめり込んでしまう性格です。ヘアアレンジやメイクも好きでしたが、眉だけのサロンがあり、専門の技術者がいることを知って興味を持ちました。まつエクやネイルのプロは多いけれど、眉だけを極めるのってすごい。新しい分野に可能性を感じ、やってみたい! と思ったんです。

微差へのこだわりで大きく変わるのが眉の仕事の醍醐味

フェイスバランスや骨格、筋肉の動きを見極めながら眉を創り上げていくのですが、毛を1本抜くかどうかでも角度がついたり丸みが出たり、印象がまったく変わります。描くときも、ちょっとしたことがグラデーションの自然さや立体感に影響するので、最初はその微妙なさじ加減がわからず、悩んだこともありました。だから今、お客さまに「顔立ちまで違って見える!」なんて言っていただけたときの喜びはひとしおです。

他人の眉がとにかく気になる。
眉アイテムは必ず携帯

はじめて出会った人はもちろん街や電車の中で見かけた人でも、とにかく眉のチェックが止まらないんです。「なんでそんなに抜いちゃうの⁉」「描きすぎて眉だけ浮いてる!」なんて心の中で叫んでしまい、整えたくなってムズムズ。いつでも必ず毛抜きや眉メイクアイテムをポーチに入れていて、友人に会ったときには、どこかしらお直ししてしまいます。

雨谷さんの1週間

月

お客様の個性まで見抜いて
施術するのが得意

顔の額縁である眉は、その方の第一印象を大きく左右する重要なパーツ。魅力を最大限に引き出すために、お顔全体はもちろん服装やヘアスタイルもチェックして、個性や好みを見極める。会話を通じてわかることも多いので、コミュニケーションも積極的に。

水

休日も「手」を動かし始めると
思わず没頭

自分の時間ができると、お裁縫やDIYを楽しみながら、欲しかったものを自分でコツコツ作っている。手を動かすのが好きなので、つい時間を忘れて夢中に。リフレッシュを兼ねて自分を磨くのも休日。ネイルやエステサロン、美容鍼や岩盤浴などにも行く。

金

仕事後にも
目がいくのはやっぱり眉

仕事帰りに女子会。友人たちの眉を見て気になるところは、すかさず手直し。またショッピングをしているときも、道行く人のファッションや店頭のディスプレイを見ては、いつの間にか「今のトレンドに合う眉とは?」と、眉のことばかり考えている自分に気づく。

日

うぶ毛処理は眉のベースを創る
重要な工程

眉周りのうぶ毛はワックスで処理した後、さらに毛抜きで丁寧に。そうすることで眉と肌とのコントラストが生まれ、まるで魔法をかけたかのように眉が自然に浮き上がる。眉周りを明るくして眉を際立たせるという逆転の発想を知ったとき、とても感動した。

眉プロの活躍の場はこちら
TOP